【人気ミネラルファンデーション比較】エトヴォス、ベアミネラル、オンリーミネラル〜特徴と成分の違いは?〜

人気ミネラルファンデーション3つの
成分を比較してみました。

エトヴォス、ベアミネラル、オンリーミネラルの
成分を並べてみたら
それぞれの商品の特徴が見えてきました。

※各社、いろんなシリーズがあるので
一番シンプルなタイプのファンデーションを選んでいます。

エトヴォス、ベアミネラル、オンリーミネラルの成分一覧

エトヴォス

エトヴォス ディアミネラルファンデーション

マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄

ベアミネラル

ベアミネラル オリジナルファンデーション

マイカ 酸化チタン 酸化亜鉛 酸化鉄 オキシ塩化ビスマス

オンリーミネラル

オンリーミネラル ファンデーション

マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛

並べてみると、特徴がわかりやすいですね^^
太字が他社には含まれていない成分です。

オンリーミネラルは成分が少ないものを選びたい人にオススメ

オンリーミネラルが一番入っている成分が少なく、
エトヴォス、ベアミネラルには
オンリーミネラルと同じ成分が含まれています。

肌荒れやアレルギー、敏感肌があって
とにかく成分が少ないものを選びたい方は、
オンリーミネラルを試してみるといいのかも!

最近、顔にじんましんが出たわたしの母は
オンリーミネラルを使っていましたが
悪化するということはなかったそうですよ^^

詳細はコチラ>>>オンリーミネラル

ベアミネラルはカバー力が高い!

ベアミネラルの特徴は、「オキシ塩化ビスマスに」です。
この成分によって何が変わるのか、というと
「クリーミィな質感とカバー力」がプラスされます。

確かにベアミネラルはカバー力が優れていて、
カバー力がある割に、粉っぽくならずツヤ感があります。

ただ、ピタッと肌に定着するのはいいのですが、
下地を使わずに使って、一度ヨレてしまうと
なかなか修正しづらいところには注意!

専用下地を使えば、ヨレる心配はありません^^

詳細はコチラ>>>ベアミネラル

エトヴォスは乾燥肌にオススメ。テカリも抑えてくれる

シリカはコラーゲンの生成を助け
ステアリン酸には、肌を保湿する効果が、
水酸化Alは素肌をサラサラに保つ効果があります。

乾燥肌には嬉しい効果がプラスされています。
ツヤがありすぎると、テカリが気になってしまうような方には
エトヴォスはちょうどいいツヤ感だと思います。

エトヴォスを使ってみて感じているのは
一番「すっぴん風のキレイな素肌」に見えるということ。

カバー力があるファンデーションは、
どうしても「化粧をしている感」が出るのですが
エトヴォスは素肌感が高く、よりナチュラルに仕上げるなら
エトヴォスがオススメです。

一番シワに入りにくく、下地なしでもヨレたりしないのも
エトヴォスの特徴かなーと思います。

詳細はコチラ>>>エトヴォス

まとめ:成分が少なければ良いというわけではない?仕上がりや効果には差が。

オーガニックやナチュラルなコスメを色々と試してみて
わたしが思うことは、
成分が少なければ良い、というわけではない
ということ。

敏感肌や肌荒れからミネラルファンデーションを探している方は
成分が少なければ少ないほど、
肌荒れのリスクは低くなるのかな、と思いますが、

その分、使い心地や仕上がりに関しては
期待している効果を得られないということがあります。

ヨレやすかったり、ツヤ感がテカリにつながったり
カバー力と粉っぽさが紙一重だったり・・・。

気になった商品はスターターキットなどで試してみて
自分の好みにあった商品を選ぶことが大切だと思います^^

個人的には今のところエトヴォスがお気に入りかなあ
一番保湿力が高くて、ヨレなくて、ナチュラルな仕上がりな気がします。

これからも3つ比較してみて気づいたことは
随時記事にしていきますので
参考にしてみてください^^



スポンサーリンク
google adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
google adsense